東北支援プロジェクト代表 Setsukoプロフィール


アーティストSetsukoのWEB SITEはこちら


【プロフィール】
武蔵野音楽大学付属高等学校音楽科、武蔵野音楽大学声楽学科卒業。
幼少期よりNHK東京放送児童劇団に在籍。舞台、テレビ、ラジオなどで活動。
日本伝統芸能においては幼少期に、長唄を人間国宝の杵屋佐登代に師事。演劇活動では、NHKホール等でのミュージカルに出演する他、近年では演出家としても活動しており、演劇や朗読劇などの演出も数多く手掛けている。声楽家としても活動も数多く行ってきた。ニューシティフィルハーモニー管弦楽団、ニューサウンズオーケストラなどと『オペラアリアの夕べ』で共演するほか、サントリーホールでのリーダーアーベントや、東京オペラシティー等の都内主要ホールでのコンサートに出演。Jazzライブ活動においても、Sweet Basilや、JZ Bratなど実力派シンガーのみが出演を許されるライブハウスをライブ毎、満席にするシンガーでもある。海外からのステージオファーも多く、NY、香港、パリでもライブを開催。2001年12月には子供ミュージカル「WILL」主演をつとめる。2002年3月の5度目のリサイタルでは、マリリンモンローをモチーフとした書き下ろしのひとりオペラ「女優M」で新たなジャンル展開を見せた。2005年にはスイートベイジルにて「MUSICAL SHOW LIVE」を行い、好評を博する。2007年には、カナダ・バンクーバーにて“25th Anniversary Year-End Concert Open Gala Concert”に出演。ミラノスカラ座やNYメトロポリタン歌劇場のシンガーと肩を並べてミュージカルナンバーを唱した。
ヴォイストレーナーとしては、この20年余りの間2000人以上の人の“声”に関わり、劇団四季や宝塚歌劇団への合格者、また、『レ・ミゼラブル』出演者『シカゴ』『ライオンキング』『アニー』『ロミオとジュリエット』等舞台、ミュージカルへのキャストを数多く卒輩させている。また、ストレートプレイの俳優や、プロ声優へのトレーニングも手掛けている。音楽ジャンル、スタイルに関して豊富な知識と経験を持ち、呼吸、発声の指導にも定評がある。ほぼ全てのジャンルに精通しており、また真の「表現者」の育成を目指し、多角的な視野で個人の持つ能力を最大限に引き出すトレーナーでもある。
2008年より、ハートから表現する素晴らしさを子供達に伝えるため、横浜市の小学校での「表現ワークショップ」や読み聞かせを、自身の教え子でプロジェクトを作り活動している。東日本大震災以降自身の音楽活動の全てをチャリティーとして復興支援にシフト。2012年12月CD「INORI」をリリース。売上の全額を復興支援ボランティア活動資金に充てている。25年の教師としての経験をから、青少年の心の教育や癒しを深く探求していきたいとヒーリングプログラムや心理学も学び、演劇や音楽教育に生かすと同時に、ヒーラーとして人の心の癒しと真の自己に出会う為のサポートをしたいとゆう願いからハンズオンヒーラーとしての顔を持つ。悩みや不安を抱える人達の意識改革のセッションは、彼女のエッセンスと愛に満ち、受ける人の人生に光りを照らしている。


Setsuko 1st SINGLE『蒼き森』

再生